血糖値に勝ち、糖尿病に勝つ
昨今、騒がれているメタボリック!嫌な響きですねー。でもその先には恐ろしい病気が沢山待ち構えています。今すぐ改善しましょう。
200811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
血糖値とお酒
お酒やたばこと血糖値の関係について触れましょう。

お酒はカロリーの高いものもたくさんあるので、血糖値が上がる場合があります。
カロリーが少ないお酒でも、おつまみを食べたりラーメンを食べたりすることで血糖値が上がってしまいます。

ダイエットをする際にも、お酒を飲むとおつまみで太るからとよく言われていますね。
お酒を飲むとどうしても何か食べたくなってしまう人は要注意です。
そして、酔いが回ってくると空腹感を感じてしまうこともありますが、それはアルコールによって感覚が麻痺しているに過ぎないので、くれぐれもダラダラと食べ続けないことです。

しかし、お酒は体に悪いだけのものではないので、血糖値が高めだから禁酒するということまでしなくてもよいのではないでしょうか。
血糖値が高めだからと何から何まで我慢する必要はないですし、普段から血糖値のコントロールをしているのなら、好きなものを食したりたまにはお酒を飲んでも問題はないでしょう。
高血糖の人にはお酒は良いとは言えませんので、飲みすぎにだけはならないよう、たまのお楽しみにして控えましょう。
糖尿病にかかっている人は医師から禁酒を告げられることもありますので、その時は自分の体のことを考えて素直に禁酒しましょう。
逆に低血糖の人がお酒を飲みすぎると、昏睡状態に陥ってしまう場合があります。
ですので、低血糖の人は飲酒に要注意です。
どうしても飲みたいならば、少しずつ何かをつまみながら、自分は低血糖であることを常に頭の置いてください。

2008120243220_2.jpg

スポンサーサイト

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

血糖値測定器
血糖値測定器というものを知っていますか?
自分で手軽に血糖値を測定する器械です。

糖尿病の人は必ず使用しているのではないでしょうか。
病院で用意される場合もあるでしょうし、市販されているものもたくさんあるようです。

手のひらサイズで、測定にかかる時間や、採血する際に痛みを生じるもの、測定値の記憶容量など、メーカーにより様々な違いがあるようです。

針を刺して採血するのが苦手な方には針を刺さずに測定できるものもあります。
また、血糖値をこまめにノートに書き写す人もいるかもしれませんし、そういったことが面倒な人には記憶量も多いものが良いでしょう。

糖尿病でなくても血糖値が高めの人は、普段から自分で血糖値を測って自己管理できると良いですね。
しかし、必要以上に測って血糖値に神経質になってしまうのも良くありません。
ストレスで高血糖になってしまう人もいますから、決まった時間に適切に測ることが大切です。

空腹時や食後の一食ごとに血糖値を測って気にしていたら、返って精神的にも良くありません。
一回一回測定値を見て、喜んだり焦ったりするものではありませんので。
今は血糖値がちょっと高いからすぐに下げようと、食事や運動で調節しようとしたりするのは危険です。
決まった時間に定期的に測って、その日その日ではなく、トータルした結果を知ることを心がけましょう。

定期健診や血液検査で血糖値が高かったからと言って、医師の診断を受けずに血糖値測定器で測って自己判断することも危険です。
まず、医師の診断を受け、自分は血糖値測定器が必要なのかどうかを確かめてからにしましょう。


2008100820146_3.jpg
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。